メソセラピー

ここでは、大阪で痩身方法として人気のメソセラピーを紹介しています。また施術を受けられるクリニックも紹介していますので是非ご覧になってください。

大阪で人気の「メソセラピー」とはどんな施術?

メソセラピーは脂肪溶解注射とも言われているとおり、脂肪を注射で溶かす痩身メニューです。薬剤を注入するだけなので短時間で終わり、メスを使うなどの外科的手術もないため施術後も普段通りの生活を送ることができます。手軽に部分痩せができると人気を集めています。

メリット
  • ピンポイントで気になる脂肪を確実に溶かせる
  • 5~10分程度の短時間で施術が終わる
  • ダウンタイムがほとんどない
  • 注入のみだから安全性が高い
  • リバウンドが少ない
デメリット
  • 数回以上施術を受ける必要がある
  • 即効性はない
  • 大豆アレルギーの方は受けることができない

メソセラピーの安全性

メソセラピーだけで脂肪が減るなんて…とダイエットを頑張っても脂肪が減らせなかった経験がある人にとっては、本当に安全なの?大丈夫なの?という不安があると思います。
メソセラピーは、医療テクニックとして認められています。

メソセラピーは,1952年にフランスのMichel Pistorによって初めて施行された注射を使用した医療テクニックであり,1958年に医学論文に報告された。1987年には,ボルドー大学をはじめフランスの大学に導入され,医学講座として認められ,さらに学位として授与されるようになった。当時は,リウマチ学,スポーツ医学,リハビリ医学の主に痛みの治療として有効なテクニックであると認められていたが,最近では美容医学にも応用されるようになった。これをエステティックメソセラピーと呼び,局所の脂肪やセルライトの除去,加齢によるしわ,脱毛症などの治療方法の1つとして行われているのが現状である。

出典:形成外科第56巻増刊号(2013年増刊号):克誠堂出版

とされています。ちゃんと医学論文に報告されており、意外と古くから歴史のある医療テクニックであることがわかります。以前は美容で使われていなかったメソセラピーですが、その効果が認められており現在では、脂肪を減らしたいという人のための治療法にもなっていますね。また、それ以外にも適応されるものがいくつかあります。

メソセラピーには、治療の目的や患者の状態によって、注射テクニックがいくつか用意されています。表皮メソセラピー・丘疹の注射・ナパージュ・ポイントバイポイント・皮下注射の5種類です。その中でも美容目的でダイエットを希望する場合の注射は、表皮メソセラピーもしくはナパージュ、皮下注射、ポイントバイポイントとなります。どのような脂肪が落としたいのか、どのように減らしたいのかなどを考えてくれるので、希望通りの効果が期待できそうですね。また、安心して治療を受けることもできます。

施術方法

一般的には大豆成分であるレシチン(フォスファチジルコリン)を注入します。レシチンは脂肪細胞内でコレステロールと中性脂肪であるトリグリセリドの代謝作用を調節します。

これにより中性脂肪であるトリグリセリドが体外へ排出され、確実にサイズダウンを行います。また注射にはレシチンと一緒に痛みを軽減する麻酔を含んでいる場合が多いです。

1度に注入できる量に限りがあるので、2~3週間に1度のペースでクリニックに通い、3~5回ほど施術を受ける方が多いようです。

ダウンタイム

メソセラピーはダウンタイムがほとんどありません。脂肪吸引と違い、施術当日からシャワーやお風呂にも入れます。

ですが人によっては、腫れがひくのに数日(一週間程度)かかることも。とくに顔は、腫れやむくみなどの症状が出やすいので、もしそういった症状が出た場合は、マスクをするなどして工夫しましょう。

施術も5~10分で終わりますし、ダウンタイムもほとんどないので、お昼休みや会社帰りなどを利用して、気軽に受けられます。

料金相場

  • 1部位 20,000円~30,000円

料金はクリニックによって異なりますが、大体1部位(太もも、お腹、ふくらはぎなど)が2~3万円程度が多いようです。

また、複数回のセットで割引になることも多いので、上手く利用してお得に受けましょう。

メソセラピーで使われる注射の種類

メソセラピーで使われる薬剤には種類があり、クリニックによって扱っている薬剤も異なります。特徴はそれぞれ異なっているため、詳しくチェックしてみましょう。

  ミケランジェロ ティツィアーノ MLM メソラインスリム
特徴や効果 ビバリーヒルズで人気となっている、イタリアのメソセラピー薬。
カフェインやカルニチンなどが入っており、ダイエットに最適な成分がたっぷり配合されています。メリハりのあるボディメイクに用いられます。
あご下を引き締めることから、ペリカン注射とも呼ばれています。肌を引き締めリフトアップ効果があり、細胞も活性化させてくれます。 血液やリンパの流れを促しながら、脂肪燃焼や代謝アップをさせ、引き締め効果も期待できる成分です。主に小顔治療に使われます。 フォスファチジルコリン・デオキシコール酸ナトリウムを主成分としています。フォスファジルコリンには脂肪細胞を溶かす働きを持っている成分です。

メソセラピーの注意点

メソセラピーには、気を付けなくてはいけない注意点もいくつかあります。
「デメリット」の部分でも紹介していますが、改めて詳しくご紹介します。

即効性は期待できない

メソセラピーは,少量の薬剤の作用,および注射針のマイクロクラッチによる軽度炎症により生じる創傷治癒惹起作用を利用しているため,即効性はない

出典:形成外科第56巻増刊号(2013年増刊号):克誠堂出版

とされています。
メソセラピーの仕組みから、即効性はないということなので継続が大事です。

アレルギーに気を付ける

薬剤の種類によっては、配合されている成分にアレルギー反応を起こしてしまう恐れがあります。また既往症があったり薬を普段から服用している場合も、あらかじめメソセラピーが可能かどうかを確認する必要があります。

施術を受けた方の口コミを紹介

脂肪を注射だけで少なくできると聞いて、気になるお腹と二の腕、腰に受けてきました。複数個所なので毎回60,000~65,000円ほど料金はかかりました。効果は二の腕が一番早く分かり、次に腰、お腹という順番です。合計すると結構な金額はかかりましたが、着実に効果が出ているので満足しています。

膝が脂肪に埋まっていたのですが、メソセラピーで大分すっきりしました。少し腫れたくらいで痛みはほとんどありませんでした。部分痩せに効果があるというのは本当でしたね、おかげで2センチも細くなれました。

「脂肪を溶かす注射」ということで少しだけ怖そうというイメージがあったのですが、実際に受けてみたらビックリするほど全然痛みはありませんでした。金額も脂肪吸引に比べて安いし、1回の施術時間が短いのが良いですね。とても満足しています。

二の腕を少し細くしたかったので、こちらを選びました。手術がないので仕事を休まなくても良いし、身体への負担もチクリとする程度でした。二の腕のプルプルが取れた気がして嬉しいです。

メソセラピーを受けられる、大阪のクリニック

  • 恵聖会クリニック
    所在地:大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F
  • 聖心美容クリニック
    所在地:大阪市北区梅田3-3-45マルイト西梅田ビル2F(ホテルモントレ大阪)
  • 高須クリニック
    所在地:大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA12F
  • 城本クリニック
    所在地:大阪市北区小松原町3-3 OSビル9F
  • 共立美容外科
    所在地:大阪市中央区西心斎橋1-1-13 東邦ビル5・6F
  • 心斎橋コムロ美容外科
    所在地:大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
  • リッツ美容外科
    所在地:大阪市北区中津1-2-21 中津明大ビル 2F
  • KOSHOクリニック
    兵庫県西宮市羽衣町5-13 ワジュール夙川(しゅくがわ)ビル1・2・3F
  • シロノクリニック
    所在地:大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト4F
 
 
PAGETOP
本気の痩身ならココ!大阪のクリニックNavi